警察業務に協力 6人8団体に感謝状 鳥羽署

【野呂署長(右)から感謝状を受け取った石野さん=志摩市磯部町の志摩高校で】

【志摩】鳥羽署は今年1年間、検視業務や留置管理業務など警察業務に協力したとして管内の6人、8団体に感謝状を贈呈した。

25日には、交通安全や防犯に関する啓発活動などに取り組み、同署の地域安全防犯活動に協力した志摩高校(志摩市磯部町)の生徒会役員ら有志でつくる「志摩ハイスクールパトロールアフターG7」を表彰するため、野呂寿夫署長が同校を訪れ、前期生徒会長で3年の石野未来さん(18)に感謝状を手渡した。

野呂署長は「今後も『地域のために自分たちにできることを』の合言葉が全校生徒の皆さんに共有され、さらに活性化されることを期待する」と話したほか、管内で被害や相談が発生しているとして、SNS(会員制交流サイト)を通じた犯罪に巻き込まれないよう注意を呼び掛けた。

ほかの表彰者は次の皆さん
【個人】岡宗眞一郎、山本仁、安部信清、赤坂義和、山﨑保、宮村政秀【団体】S.H.R、県立志摩病院、医療法人豊和会、七越本店、安全戦隊鳥羽レンジャー(鳥羽高校)、大盛屋、ぎゅーとら鳥羽東店