全国高校ラグビー27日開幕 9大会連続出場の朝明 16強進出へ新チーム 三重

【朝明の選手ら】

全国高校ラグビー大会は27日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。第100回の記念大会として従来の都道府県代表などに加え全国9ブロックの代表など加えて史上最多の63校が出場を予定している。三重県内からは9大会連続11度目の県代表・朝明と東海ブロック代表として1976年の創部以来初出場の四日市工の史上初の2校同時出場。朝明は28日に大阪朝鮮、四日市工は27日に岡谷工(長野)と1回戦で対戦する。両校の意気込みを紹介する。(全2回)
■朝明
コロナ禍で思うように練習が積めない中、4年連続の顔合わせとなった11月の県予選決勝で初優勝を目指す四日市工を5点差でかわして9大会連続の全国高校ラグビー大会出場へ。11度目の花園は28日の1回戦で第1グラウンドを舞台にシード校の大阪朝鮮に挑む。昨年は2回戦で御所実(奈良)に完敗。シード校を倒してのベスト16進出を目標に掲げ、新チームを立ち上げただけに、保地直人監督は「第1グラウンドで大阪のチームと試合ができる。苦しい中活動してきた成果を見せたい」。

「昨年よりサイズは小さいが走れる選手が多い」(保地監督)。鈴鹿ラグビースクール出身でアグレッシブなプレーで仲間を引っ張るCTBの藤本凌聖主将、中学時代バスケットボールで司令塔のポイントガードを務め、広い視野と正確なキックが武器のSO白井聖也らバックス陣がテンポ良くボールを動かして好機を作りたい。藤本は「自分が一番ハードワークしてアタックもDFも頑張る」。FW陣も春先の活動自粛期間を含めた地道な身体作りを経て安定感が増した。ナンバー8の佐藤幸一郎は「コンタクトの部分で身体を張ってチームを引っ張る」と闘志を燃やす。