生徒に「おまえ来たでマスク」 三重県教委が40代教諭を文書訓告

【教諭の発言を差別と認め、陳謝する木平教育長=県庁で】

家族が新型コロナウイルス感染症の検査を受けた生徒に「おまえが来たでマスクするわ」と発言したとして、三重県教委は18日、県立高校の40代教諭を文書訓告にした。県教委は当初の会見で「教諭の発言は差別に当たらない」と説明したが、その後に撤回。「教員の発言は差別に当たる」と認めた。

県教委によると、この教諭は10月2日午前、家族が新型コロナのPCR検査を受けていた3年の生徒に対し、職員室で進路指導を始めるに当たって「おまえが来たでマスクするわ」と発言した。

生徒の保護者が地元の教育委員会を通じて「差別につながる発言では」と学校側に連絡したことをきっかけに発覚した。この生徒は学校に不信感を抱き、学校を1週間ほど欠席したという。

また、教諭は生徒に謝罪する際に「冗談を言う中で言ったかもしれない」と話しつつ、保護者には「はっきり覚えていない」として発言を認めなかった。教諭は現在、この生徒の担当から外れている。

この教諭は県教委の聞き取りに「生徒への配慮が足りず、事実確認も怠って迷惑を掛けた」と話したという。保護者に異なる説明をしたことには「謝罪することに動揺し、思い違いをした」と説明している。

一方、教諭は発言の意図について「水を飲むためにマスクを外していたことから、マスクを付けなければならないという思いで発言した」とし、生徒を差別する意図はなかったと説明しているという。

県教委教職員課の担当者は会見で「結果的に生徒を傷つけて欠席させるなど、発言は不用意だった」とする一方で「教諭に差別をする意図はなかったため、差別的な行為だとは捉えていない」と説明した。

また、教諭を懲戒処分にしなかったことについては「教諭が差別的な行為をしたわけではないことも勘案した」と説明。懲戒処分に当たらないことを理由に、教諭の性別や年齢も発表しなかった。

一方、木平芳定教育長が会見後に発表したコメントでは「教諭の発言は検査を受ける人や家族に対する差別となる。許されるものではない」などとし、発言が差別に当たるとの認識を示した。

木平教育長が教職員課の認識と異なるコメントを出したことから、報道各社でつくる県政記者クラブは臨時の会見を要請。木平教育長は「教諭の認識を担当者が強調しすぎて誤解を招いた」と述べた。

また、県教委が発言を差別だと認めつつも懲戒処分にはしなかった理由について、木平教育長は「教諭に生徒を傷つける意図がなかったことを踏まえ、処分の指針に照らして検討した」と語った。

鈴木英敬知事は18日のぶら下がり会見で、教諭の発言について「聞いて耳を疑った。断じてあってはならず、極めて遺憾。教育委員会は重く受け止めて再発防止に取り組んでほしい」と述べた。