自民系県議らも予算で提言 保健所強化や国体7項目 三重

【鈴木知事(右)に提言書を手渡す青木幹事長=三重県庁で】

三重県議会の自民系県議らと自民党県連は17日、来年度の当初予算編成に向けた提言書を鈴木英敬知事に提出した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、保健所の人員体制の拡充や企業の経営支援などを求めた。

提言書では、新型コロナウイルス感染症への対応や三重とこわか国体・とこわか大会(全国障害者スポーツ大会)に向けた準備など7項目を要望。豚熱(CSF)や鳥インフルエンザの防疫措置も求めた。

自民党県議団と自民党、草莽に所属する自民系県議の5人が訪問。県連幹事長の青木謙順県議が鈴木知事に提言書を手渡し「県民からの要望を反映しているので予算編成する際の参考にしてほしい」と述べた。

県連政調会長の石田成生県議は保健所の体制強化やコロナ禍で業績が悪化する事業者への支援、感染者らに対する差別の防止など提言内容を説明。新型コロナウイルス感染症への対応を鈴木知事に求めた。

鈴木知事は「いただいた提言は県の施策と軌を一にするもの。しっかり予算編成の中で検討したい」と述べた。保健所の体制充実に向けて「市町に保健師の派遣を依頼している」と説明した。