伊賀の女性 730万円詐欺被害 架空請求で 三重

【伊賀】三重県の伊賀署は16日、伊賀市の60代保育士女性が現金約730万円をだまし取られる詐欺被害に遭ったと発表した。架空請求詐欺事件として捜査している。

同署によると、女性の携帯電話に先月4日、メールが届き、女性はメール記載の連絡先に電話をした。電話先の男から「30万円未払いがある」などと言われ、女性は市内のATM(現金自動預払機)から30万円を入金。その後も18日までに「保険の代金」「後日、返金される」などの口実で金を要求され、計約730万円を指定口座に振り込んだという。