紀宝町 不安な町民らにPCR検査 新成人は半額補助 三重

【南牟婁郡】三重県紀宝町は16日、新型コロナウイルスの感染に不安を持つ町内在住者と町内在勤者を対象に、町立相野谷診療所(同町井内)でPCR検査を行えるようにした。唾液による検査で、検査料(1回2万円)は自己負担となる。

同町ではこれまで感染者は出ていないが、無症状でも感染の不安を持つ町民がいることから、検査を実施することにした。

同診療所は、町外の人が仕事などで町内に滞在する場合や感染者が多い地域への訪問の有無などを電話で聞き取り、検査の対象かどうかを判断する。

また、来年1月2日開催の成人式が対象となる新成人139人に、同診療所でPCR検査を実施した場合に費用の半分を補助する。町教委が対象者に検査容器を郵送しており、今月24日までに唾液1ミリリットル以上を採取し、同診療所まで返信用封筒で送る。検査は任意。