中村、びわ湖マラソン出場へ 五輪延期は「強化期間」 三重

【オンラインで会見した中村】

来夏の東京五輪男子マラソン代表に内定している三重県四日市市出身の中村匠吾(28)=富士通=が15日、オンラインで合同取材に応じ、来年2月28日に滋賀県・皇子山陸上競技場発着のびわ湖毎日マラソンに出場することを表明した。

昨年9月の東京五輪マラソン日本代表決定レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で優勝し、東京五輪に内定した。

新型コロナウイルスの影響で東京五輪が1年延期となり「少し落ち込んだ」と言う。だが、強化する期間が増えたと捉え、すぐに気持ちを切り替えた。練習の質を重視し「スピードと持久力をテーマにして鍛えてきた」と語った。

びわ湖毎日マラソンはMGC以来のフルマラソンとなる。「五輪に向けて感覚を取り戻したい。びわ湖で勝って勢いをつけたい」と意気込んだ。初マラソンだった2018年の同大会で、日本人選手トップの成績を残しており「今度は日本人トップではなく、優勝していい流れで五輪に向けてやっていきたい」と前を見据えた。

来年5月に札幌市で開かれる予定のマラソンの五輪テスト大会の出場についても、前向きに検討している。