オブジェもマスク 近鉄川越富洲原駅前でイルミネーション 三重

【三重郡】三重県川越町豊田の近鉄川越富洲原駅前で、地元の朝明商工会による恒例のイルミネーションが始まっている。来年1月29日までで、午後5時―翌午前0時15分に明かりをつける。

10回目の今年のテーマは「エール」。駅東口にあるモニュメントをLED(発光ダイオード)ライト1万球以上で彩った。マスク着用推奨の意味を込め、球体のオブジェを人の顔に見立て、マスクを飾り付けている。

同商工会の安藤邦晃会長は「コロナに負けないようみんなで頑張ろう!との思いを込めて飾り付けた。少しでも利用する人の癒やしになれば」と話した。