伊勢の猿田彦神社 招福の縁起物「破魔矢」作り 新年に向け 三重

【破魔矢づくりを進める巫女たち=伊勢市宇治浦田の猿田彦神社で】

【伊勢】新年に向け、三重県伊勢市宇治浦田の猿田彦神社で、招福の縁起物「破魔矢」作りが進んでいる。

破魔矢は、大小の2種類。長さ90センチの朱塗りと、60センチの白木のものを用意し、来年の干支(えと)の丑(うし)が描かれた絵馬や魔除けの鈴、5色の吹き流しが結び付けられる。みこたちが手作業で進めていて、同じく縁起物の鏑矢(かぶらや)や矛(ほこ)と合わせて約5千本を準備する。

神社では、新型コロナウイルスの影響で、年末年始の混雑を避けて参拝に訪れる人が増えることを見込んで、例年より早い今月1日から、破魔矢など縁起物の授与を始めている。

破魔矢は、大が1500円、小は千円。

問い合わせは同神社=電話0596(22)2554=へ。