高卒就職内定率91.3% 三重県教委発表

三重県教委は9日、来春に県立高校を卒業する生徒の11月末現在の就職内定率を発表した。新型コロナウイルス感染症の影響で採用選考の開始が1カ月後ろ倒しの10月16日からになっており、前年10月末と比べて3・9ポイント上回る91・3%だった。県教委は「就職活動の期間が例年に比べて短いため、各学校が生徒の内定に向けて精力的に動いている」とみている。

県立高校の卒業予定者は1万1819人で、うち就職希望者は前年10月末より265人少ない3739人。87人少ない3414人が内定している。

県立特別支援学校高等部の卒業予定者は269人で、うち就職希望者は74人。前年10月末と比べて11人多い35人が内定し、内定率は12・0ポイント上回る47・3%となった。