新型ウイルス 新たに7人が感染6日ぶり1桁 三重

三重県は7日、伊賀市に住む20代―70代の男女7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者が10人を下回るのは6日ぶり。県内の感染者は延べ957人となった。

また、新型コロナウイルスの感染が判明して県内の医療機関に入院していた80代の男性が6日に死亡したと発表。重症ではなかったが、容体が急激に悪化したという。県内感染者の死者は10人となった。

新たに判明した感染者のうち50代女性会社員と30代男性会社員、20代女性会社員は、4日に感染が判明した60代男性の同居家族。この60代男性と同じ職場の50代男性会社員の感染も判明した。

また、70代女性と60代自営業男性は同居の家族。2人とも咽頭痛などの症状があり、5日に検査を受けて陽性と判明した。この家族周辺に感染者は確認されず、県が感染経路を調べている。

また、県が7日に発表した感染者とは別に、桑名市に住む30代男性会社員の感染も新たに判明した。名古屋市内の医療機関で検査を受けて感染が判明したことから、県内の感染者数には計上されない。