新型ウイルス 新たに10人感染 県内延べ950人 三重

三重県は6日、未就学児から80代までの男女10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。クラスター(感染者集団)が発生した県庁で新たな感染判明はなかった。県内の感染者は延べ950人となった。

県によると、新たに判明した感染者は、四日市市で3人、桑名市と伊賀市で2人ずつ、菰野町、鈴鹿市、名張市で1人ずつ。四日市市、桑名市、鈴鹿市、名張市の4人は感染経路が分かっていない。

このうち桑名市内の介護施設では、入所者の80代男性の感染が判明。当初の検査は陰性だったが、その後に発熱して再検査を受けていた。この施設で判明した感染者は職員を含めて4人となった。

既に判明している感染者の別居家族で濃厚接触者に特定されていた伊賀市内の男児の感染も判明。症状はないという。この男児が通っていた保育園では、園児や職員ら約60人が検査を受ける見通し。