伊勢の吉田さんが全国グランプリ 理美容学生フォトコン 

【受賞作品の写真を手にするグランプリの吉田さん(中央)と上位入賞の学生ら=伊勢市役所で】

【伊勢】全国の理美容専門学生約900人が参加した「第4回フォトコンテスト」で、三重県伊勢市の伊勢理容美容専門学校2年の吉田望愛(もえ)さん(17)がトップのグランプリに輝いた。ほかの学生4人も上位入賞を果たした。

コンテストは、理美容学生の感性や技術の向上を目的に、NPO法人日本美容技術振興センターが主催。指定の黒髪のウィッグ(人形)を使い、自由なテーマでヘアデザインを考え、カットやカラー、メイクを施して作品を仕上げ、写真に撮って応募する。

花が好きな吉田さんのテーマは「バタフライ」。髪でチョウの羽や触覚を表現し「花畑の妖精をイメージ」して、華やかに仕上げた。

新型コロナウイルスの影響で、例年開かれる理美容学生の実技の全国大会は中止が相次ぎ、このコンテストが唯一参加できた大会だったという。吉田さんは「自信はなかったので、うれしい。将来は東京で仕事がしたい」と笑顔で話した。

3位には人魚をモチーフにした2年の吉田音依呂(ねいろ)さん(20)、理事長賞は平安文化を表現した1年角田蒼さん(19)、優秀賞は2年の岡莉々佳さん(19)と小山晴美さん(42)が選ばれた。