医療関係者の支援に シンフォニアエンジニアリング、伊勢市に100万円寄付 三重

【鈴木市長に目録を手渡した吉田代表取締役専務(左)=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県伊勢市竹ケ鼻町のシンフォニアエンジニアリングは4日、医療関係者の支援に役立ててもらおうと、伊勢市の「ふるさと応援寄付金」として100万円を寄付した。

同社は今月、創立50周年を迎えた。新型コロナウイルスの影響で節目の行事などができなくなる中、地域で役に立ててもらいたいと寄付を申し出た。

市役所で、同社の吉田道夫代表取締役専務(68)が鈴木健一市長に目録を手渡し「これまで皆さんに長いご支援をいただいた。今、大変苦労されている医療関係者のお役に立てれば」と話した。

鈴木市長は「大切に使わせていただきます」と感謝を述べた。