四日市事務機センター オフィス改革を提案 「新しい仕事様式」見学ツアー 三重

【新しいオフィスの紹介をする佐野智成社長=四日市市日永の四日市事務機センターにて】

三重県四日市市日永の「四日市事務機センター」はこの度、会社オフィスの新しいレイアウトやオンラインでの会議システムの導入などを提案するオフィス見学ツアーを開始した。

最新の通信機器を導入しテレワークに最適化したオフィスや、フリーアドレス(自由席)を導入し仕事の効率を高めたオフィスの形など、さまざまな実例を直接体験することができる。

従来の事務機器の導入やメンテナンス業務に加え、新たなチャレンジとして日本中のオフィスを見学。全国各地で得たノウハウを生かして今年本社社屋を改築した。

実際に自社の社員が働く職場に様々な形のオフィスを構築し、実際に働く様子が見ることができるモデルハウスならぬモデルオフィスを作った。

新型コロナウイルスの流行により新しい生活様式への移行が叫ばれる中、働く環境も新しい様式に対応する必要性に迫られている状況に、事務機器を扱う会社として新しいアプローチを試みた。

代表取締役社長の佐野智成さんは「実は今、オンラインを利用した事務用品は大きく進化し便利になっています。このコロナ禍の中でテレワークを導入した企業様は数多いと思いますが、しっかりシステムを構築すれば通常業務より効率を上げることも可能です。ぜひ一度体験していただきたいです。」と語る。

見学ツアーの申し込み問い合わせは同社HP=https://www.yj-c.co.jp/officetour/=へ。