新型ウイルス 新たに7人感染 三重

三重県は1日、10代―70代の男女7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち1人は県職員。1日当たりの新規感染者が10人を下回るのは7日ぶり。県内の感染者は延べ865人となった。

県によると、新たに判明した感染者は四日市市と菰野町で2人ずつ、桑名、伊賀、津の3市で1人ずつ。うち四日市、伊賀、桑名の3市と菰野町の5人は現時点で感染経路が分かっていない。

津市の30代女性県職員は、先月29日に感染が判明した雇用経済部長の接触者として検査を受けて陽性と判明。28日夜に37度台の熱や頭痛などがあり、現在も38度台の熱がある。

この女性と雇用経済部長は「日常の業務で接触の機会が多かった」(雇用経済部職員)という。県は女性の家族4人と同僚1人を濃厚接触者に特定。接触者の同僚3人を含めた8人が検査を受ける

四日市市内の特別養護老人ホームで勤務する10代女性は先月27日に咽頭痛があり、29日に発熱。30日の検査で陽性と判明した。この施設では、入所者や職員ら42人が検査を受ける。