早生温州ミカン900キロ盗まれる 御浜町の農家、被害届提出へ 三重

【南牟婁郡】三重県御浜町は25日、同町志原のミカン農家山門喜男さん(64)が同所の園地で栽培している収穫前の早生(わせ)温州ミカン約900キロ(約36万円相当)が何者かに盗まれる被害に遭ったと発表した。山門さんは紀宝署に被害届を出す方針。

山門さんや町によると、23日午前10時ごろ、収穫作業のため園地に行くと、ミカンを栽培する園地のうち、60アールから約900キロのミカンがなくなっているのに気付いた。山門さんが盗難に気付いた23日以前に、最後に園地に訪れたのは15日という。盗難日は、切られた葉の状態から、20日ごろと推測している。

山門さんは「1年かけて苦労して育てたミカンが盗まれて悔しい。他の農家の方は被害に遭わないように気をつけてもらいたい」と話している。