県産食材の購入で高級品プレゼント 三重県が来月からキャンペーン 生産者支援

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける生産者を支援するため、三重県は来月1日、県産食材を一定金額以上購入した県民にアワビや伊勢エビなどの高級県産食材を贈るキャンペーンを開始する。来年1月末まで。鈴木英敬知事が25日の定例記者会見で発表した。

感染症の影響で年末年始の需要が減少する懸念のある県産食材の消費を喚起しようと企画。県内のスーパー12社170店舗で対象の県産食材にポイントシールを貼って販売し、シールを一定枚数集めた人に先着順で総額1億円の高級県産食材をプレゼントする。

シールに記載されるポイントは購入商品の金額で変動し、500円で0・5ポイント、千円で1ポイント、3千円で3ポイントを付与。2万5千円分の25点を集めた人は5千円相当のアワビやサザエ、5万円分の50点を集めると1万円相当の伊勢エビなどがもらえる。

店頭で配布されているチラシの台紙にシールを貼り付け、必要事項と希望する県産食材を記入して大阪城東郵便局に郵送する。キャンペーン専用のウェブページからも応募できる。問い合わせは、キャンペーンの事務局=電話050(5538)4724=へ。