高齢者住宅に化粧水寄贈 伊勢のエステ会社 コロナ禍、リフレッシュを 三重

【お年寄りにオリジナル化粧水「月の光」を贈った佐々木社長(左)=伊勢市楠部町のいすずガーデンで】

【伊勢】新型コロナウイルスの影響で外出を控えているお年寄りたちにリフレッシュしてもらおうと、三重県伊勢市藤里町でエステサロンを経営するラボ・ビューティーは24日、市内のサービス付き高齢者向け住宅「いすずガーデン」の入居者らに自社製品の化粧水ミスト「月の光」50本を贈った。

同社の佐々木昌美社長(56)が、同施設の入居者らが感染対策のため外出自粛を続けていると知り、寄贈を申し出た。月の光は、伊勢産のクロモジという植物や国産柚子エキスなど天然成分を使ったオーガニック化粧水。顔や体全体にスプレーして使い、保湿やリラックス効果があるという。

佐々木社長が施設を訪問し、担当者に届けた。佐々木社長は「クロモジには保湿や除菌の効果もあると言われる。肌に優しいのでたっぷり使って、明るい気持ちになってもらえたら」と話した。化粧水は、入居者46人に配布される。