女性の三重県内起業を応援 チャレンジショップ、四日市にオープン

【長谷川社長(中央)を挟んでテープカットをする共同代表の一尾さん(右)と川北さん=四日市市日永西の「wiz:チャレンジショップinCasa」で】

【四日市】三重県内で起業を目指す女性たちを応援するチャレンジショップ「wiz:(ウィズ)チャレンジショップinCasa(カーサ)」が22日、四日市市日永西一にオープンした。

ショップが開設されたのは、注文住宅やリフォームなどを手掛ける「Casa」(同市石塚町)の新事務所ビルの一階。同社が社会貢献活動として場所を提供した。1階の床面積は約124平方メートルで、厨房を備えたテナントスペースとゲストスペースがあり、店舗やワークショップの場として活用してもらう。利用料は出店内容や日数、期間によって異なる。

同スペースの運用と企画や出店者のマネジメントは、女性起業家のコミュニティ、県の女性起業家・企業家ビジネスプラットフォーム「wiz:」が行う。

オープンを記念したセレモニーでは、「wiz:」の共同代表の一尾香さんと川北睦子さん、「Casa」の長谷川元英社長がテープカットをした。また、体験ブースなどが設けられ、12月からカフェを出店する予定の同市の田中えつこさんが、来場者に飲み物を振る舞った。

こうした女性起業家向けのチャレンジショップは、県内では初。共同代表の一人、一尾さんは「開業に向けてステップアップする場として、県内で起業を考える人にぜひ活用してほしい」と呼び掛けていた。

問い合わせは「wiz:」運営事務局=電話059(336)4002=へ。