川瀬、長距離の日本選手権出場へ 陸上の東京五輪代表選考会 三重

【川瀬翔矢(皇學館大)】

日本陸連は20日、東京2020オリンピック日本代表選考会を兼ねて12月4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる長距離種目の日本選手権のエントリーリストを発表した。県内からは5000メートル、10000メートルの男子2種目にエントリーした皇學館大4年の川瀬翔矢らが出場する。

5000メートル、10000メートル、3000メートル障害の3種目が行われ、東京五輪の参加標準記録突破者が優勝した場合、五輪代表に内定。現時点で東京五輪参加標準記録を突破していなくても、大会で標準記録を突破し、優勝した場合代表に決まる。

大会にエントリーした三重陸協所属選手は次の通り。

【男子】5000メートル 川瀬翔矢(皇學館大)▽10000メートル 塩澤稀夕(東海大、伊賀白鳳高出)川瀬翔矢(皇學館大)横井裕仁(NTN)
【女子】10000メートル 矢田みくに(デンソー)小笠原朱里(同)矢野栞理(同)