カフェイン抜きコーヒー新発売 松阪の飲食店運営会社 妊娠中や更年期に 三重

【デカフェリアをPRする酒井リーダー(左)ら=松阪市役所で】

【松阪】飲食店運営「シティ・ホールディングス」(松阪市光町)はこのほど、カフェインを取り除いたデカフェコーヒー「デカフェリア」を新発売した。お湯に漬けて抽出するコーヒーバッグで1袋税別180円。

覚醒作用があるカフェインを二酸化炭素に吸着させて除去している。妊娠中や授乳期、更年期でカフェインを控えたい女性らが飲みやすい商品とした。コーヒー豆はコロンビア産の高級品を使い、1袋に8グラム入っている。

30―40代の女性8人でつくるプロジェクトチームが開発に当たった。デザインは同市在住のイラストレーターharunachicoさんが手掛け、デカフェを楽しむ3人とウサギ1匹のイラストを描いた。

チームリーダーの酒井由美さんは「働く女性が簡単手軽に飲めるようにした。リサイクルにこだわり、コーヒーバッグは乾かすと消臭剤になる。クリスマスプレゼントにしてほしい」とPRしている。

7袋入り税別1260円の「ホームパック」や、12袋箱入り同2800円の「ギフト」など6種類ある。デカフェリアのホームページから通信販売する他、同市川井町の雑貨店「アシュメリー松阪店」で発売している。問い合わせはシティ・ホールディングス=電話0598(30)6620=へ。