中部実業団駅伝 NTN、ニューイヤー駅伝逃す 16年連続ならず 三重

群馬県内で元日開催の全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)の出場チーム決定戦(6枠)を兼ねて行われた中部実業団対抗駅伝は15日、愛知県田原市のはなとき通りを発着点とする7区間80・5キロで争われ、NTN(三重県桑名市)は4時間1分1秒の7位で16年連続57回目のニューイヤー駅伝出場を逃した。

大会は上位3チームが大会記録を更新するレース展開となり、トヨタ自動車Aが3時間51分19秒の大会新記録で7年連続23回目の優勝を果たした。