新型ウイルス 新たに4人感染 延べ620人 三重

三重県は15日、40代―60代の男女計4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち2人は既に判明している感染者の濃厚接触者に特定されていた。県内の感染者は延べ620人となった。

県によると、桑名市の60代男性会社員は8日から37度台の熱があり、14日の検査で陽性と判明。12日まで県外の会社に出勤したといい、県は同居の家族3人を濃厚接触者に特定して検査する。

鈴鹿市の50代自営業男性は、11日に感染が判明した40代自営業男性と屋外で会話し、濃厚接触者に特定されていた。せきや倦怠感などがある。県は今月上旬に男性の職場を訪れた3人を検査する。

四日市市の40代女性会社員は、先月31日に感染が判明した女子高校生の母で、濃厚接触者に特定されていた。当初の検査は陰性だったが、12日に熱が出て再検査を受けたところ陽性と判明した。

また、同市の40代無職男性は11日に咽頭痛があり、14日に発熱。同日の検査で陽性と判明した。現在も熱がある。今のところ周辺で感染者は確認されておらず、市が感染経路を調べている。