新型ウイルス 新たに4人が感染 全寮制高校にクラスター対策

三重県は13日、10代―50代の女性4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち女子高校生が通う全寮制の高校に、クラスター対策グループを派遣した。県内の感染者は延べ610人となった。

県によると、私立青山高(津市白山町)の女子高校生は11日から熱や頭痛があり、12日の検査で陽性と判明。先月31日から今月7日まで県外の実家に帰省し、11日まで登校していた。

県は生徒や教職員ら75人を検査する方針。「学校や寮で感染が広がった可能性も考えられる」とし、同校にクラスター対策グループを派遣するなどして対応している。同校は寮や校舎を消毒した。

名張市立桔梗が丘中(同市桔梗が丘七番町)の50代女性教員も感染。11日に感染が判明した50代男性会社員の妻で、濃厚接触者として検査を受けて判明した。県は生徒や教職員ら108人を検査する。

桑名市の40代女性パート従業員は、10日に感染が判明した10代女性の同居家族で濃厚接触者に特定されていた。下痢などの症状がある。9日に愛知県を訪問していた。県は職場の同僚3人を検査する。

松阪市の20代無職女性は10日から37度台の熱や倦怠(けんたい)感がある。12日に検査を受けて陽性と判明。周辺に感染者は確認されておらず、県外への訪問もないといい、県が感染経路を調べている。