尾鷲市 市政貢献者を表彰 木場さんら4人 三重

【尾鷲市から表彰を受けた長野さん(前列右)と木場さん(前列左)=尾鷲市役所で】

【尾鷲】三重県尾鷲市は12日、市政の振興発展に貢献した4人に表彰状を贈った。

市は平成22年から年に一度、教育や経済などの分野で市政の発展に尽力した団体や個人を表彰している。

市役所で表彰式があり、内科医の木場藤一郎さん(78)と三重外湾漁協理事の長野規一さん(81)が出席し、加藤千速市長から表彰状を受け取った。

木場さんは平成19年から学校医を務め、学校保健や健康教育に尽力している。「これからもより一層勉強しながら尾鷲市の役に立てるよう頑張りたい」と話した。

長野さんは平成17年から30年9月まで同市漁業協同組合代表理事に就任。現在は三重外湾漁協理事として漁業の振興発展に貢献している。「賞をもらうことができてうれしい。ありがとうございます」と語った。

加藤市長は「皆様の活動は尾鷲のまちづくりに非常に重要であり、ご尽力頂いていることに心から敬意を表します」と感謝した。

受賞者は次の皆さん

木場藤一郎さん、澤田隆裕さん、長野規一さん、北村憲史郎さん