伊勢 麻の実使った窯焼きピザ 「ASAFUKU CAFE」オープン 三重

【「麻の実ピッツァ」を手にする北村社長=伊勢市本町で】

【伊勢】麻の実を使った窯焼きピザが味わえる「ASAFUKU CAFE」が、三重県伊勢市本町に今月オープンした。

麻(ヘンプ)素材の衣料や日用雑貨の製造販売を手掛ける「麻福」(同市同町)が、栄養価が高いことで注目される麻の実に着目し開店した。

「麻の実ピッツァ」(600円~)は、有機栽培されたカナダ産麻の実を使用。食物繊維などが豊富な麻の実粉と北海道産小麦、天然酵母を使ったピザ生地を、萬古焼の窯で焼き上げ、仕上げに麻の実や麻の実オイルをトッピング。外はカリッ、中はもっちりした食感で、ナッツのような香ばしい風味が楽しめる。自家製トマトソースの「マルゲリータ」、地元産の味噌(みそ)やシイタケを使った和風の「伊勢味噌」、「スパイスカレー」の定番3種のほか、伊勢志摩の食材を取り入れた季節メニューも随時提供する。ドリンクやデザートにも麻の実を取り入れている。

ガレージを活用した開放的なイートインスペースで味わえるほか、テイクアウトも可。自社の麻製品の販売や麻の歴史文化を紹介する展示スペースなどもある。

麻福の北村隆匡社長(43)は「麻は日本でも古くから食され、伊勢神宮の祭事でも欠かせない植物。食べておいしく、身に付けて心地いい。麻を取り入れた暮らしを楽しんでほしい」と話している。午前11時半―午後6時半。月、水曜定休。

問い合わせは=電話0596(64)8111=へ。