いじめ防止へ協力を 県教委、津駅前で啓発 三重

【いじめ防止のチラシを配る木平教育長=津市羽所町で】

三重県教委は11日、いじめ防止の街頭啓発を津駅前で実施した。いじめ防止のイメージカラーとされるピンク色のシャツを着た職員らが通行人にチラシなどを配り、いじめ防止の協力を呼び掛けた。

「いじめ防止条例」が定める強化月間(11月)に合わせて実施。職員らは期間中の毎週水曜日にピンク色のシャツや小物を身につけ、高校の生徒会などもいじめの根絶に向けた啓発を実施する。

この日午前7時半から、木平芳定教育長と県教委事務局の職員らが津駅の東口と西口で啓発。強化月間やピンクシャツ運動について紹介する約1800枚のチラシとピンク色のマスクを配布した。

木平教育長は啓発後の取材に「わずかな時間だったが、多くの人に受け取ってもらえて良かった。強化月間やピンクシャツ運動を知ってもらい、いじめ防止の理解や協力を得たい」と話していた。