来春の選抜高校野球 松阪商、21世紀枠推薦校に 三重

三重県高野連は10日、来年春の第93回選抜高校野球大会「21世紀枠」の県推薦校に、今年秋の県大会準優勝校の松阪商を選んだと発表した。

今年創立100周年を迎えた伝統のある県立の商業高校で野球部も春2度、夏2度の甲子園出場を経験。近年は県大会優勝から遠ざかっているが、野球部員は各種資格取得に励みながら部活動に打ち込み、県大会上位の成績を残している。

21世紀枠は東海地区高野連が東海4県の推薦校4校の中から1校に絞り、日本高野連が12月11日に全国9地区の候補校を発表する。センバツ出場の3校は来年1月29日に決まる。