新型ウイルス 2日間で2人感染 三重

三重県は9日、鈴鹿市内に住む40代の自営業男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。8日も同市に住む40代男性会社員の感染が確認されたと発表。県内の感染者は延べ597人となった。

県によると、自営業の男性はクラスター(感染者集団)が発生した親族同士の会食に参加していた。クラスター判明時の検査は陰性だったが6日に発熱し、再検査で陽性と判明。現在も胸に違和感がある。

この会食に参加した30人のうち、感染者は21人となった。一方、男性の同居家族3人も同じく会食に参加して感染が判明していることなどから、県は男性が家庭で感染した可能性が高いとみている。

このほか、同市の男性会社員は、5日に感染が判明した友人の濃厚接触者として検査を受けたところ陽性と判明。この友人と2日に車内で会話をしていた。5日から倦怠感があり、現在も頭痛などがある。