四日市工が花園へ初の王手 全国高校ラグビー東海予選

三重、岐阜、静岡の全国高校ラグビー大会県大会準優勝校による東海ブロック予選「オータムチャレンジトーナメント」は7日開幕。初日は岐阜・グリーンフィールド中池で1試合があり、県代表の四日市工が岐阜代表の岐阜工を14―0で下して1勝目を挙げた。

14日にスポーツの杜鈴鹿で静岡代表の静岡聖光学院と対戦し、2勝目を挙げれば同校初の全国高校ラグビー大会(12月開幕・花園ラグビー場)出場が決まる。

今年の全国大会は100回の記念大会で都道府県代表のほか全国9ブロックの代表も出場できる。