花使った88点並ぶ 松阪でガーデニングコン始まる 三重

【芝生広場で開いているガーデニングコンテスト=松阪市伊勢寺町の松阪農業公園ベルファームで】

【松阪】日本ハンギングバスケット協会県支部は6日、三重県松阪市伊勢寺町の松阪農業公園ベルファーム芝生広場で第10回ガーデニングコンテストを始めた。開催期間は8日まで。開園時間は午前10時から午後4時まで。

コンテナガーデンとハンギングバスケット、フレームの3部門と多肉植物部門があり、一般とプロが88点を出品している。新型コロナウイルス感染症の影響でガーデニングや家庭菜園をする人が増えたといい、出品点数が例年に比べ増加した。

熊の置物を使った「クマ出没注意」や七輪を小物に使った「夏の思い出(BBQ)」など面白い作品もある。

関連イベントのハンギングバスケット教室や多肉植物寄せ植え教室は国の花き活用拡大支援補助を受け参加費が通常の半額で、ガーデニング愛好者でにぎわった。8日午後2時から表彰式を開く。