三重大ドア23枚破壊疑い 自称准教授の男逮捕 三重

【津】津署は5日、器物損壊の疑いで津市鳥居町、自称大学准教授、藤原武志容疑者(51)を逮捕した。

逮捕容疑は令和2年2月3日午前10時40分ごろから午後0時ごろまでの間に、津市栗真町屋町の三重大学医学系研究科・医学部先端科学教育研究棟で、1階から4階に設置の出入り口ドア23枚(損害額合計95万円相当)を金属製の実験器具でたたきつけるなどして破壊した疑い。

同署によると、大学からの通報で発覚。警察への出頭に応じなかったため逮捕した。「職場環境に不満があり、我慢できなかった」と容疑を認めている。