新型ウイルス 新たに1人が感染 会食クラスターで 三重

三重県は5日、鈴鹿市内に住む未就学の男児が新型コロナウイルスに感染したと発表した。クラスター(感染者集団)の発生が確認されている会食の参加者。県内の感染者は575人となった。

県によると、男児は先月25日、市内の親族宅で開かれた会食に参加し、濃厚接触者に特定された。今月2日の検査結果は陰性だったが、4日の再検査で陽性と判明。先月28日から鼻づまりの症状がある。

この会食に参加した親族らのうち、感染者は男児を含めて15人となった。会食には現時点で30人の参加が確認されているが、県は「他に参加者がいた可能性もある」として接触者調査を続けている。