秋の叙勲、三重県内から57人 旭日小綬章の大泉氏ら

社会のさまざまな分野や公共業務に長年携わり、功績のあった人に贈られる令和2年秋の叙勲が3日付で発令された。三重県内からは元鈴鹿商工会議所会頭の大泉源之氏(86)=鈴鹿市高岡町=が旭日小綬章に輝くなど57人が受章した。

内訳は、旭日小綬章1人▽旭日双光章12人▽旭日単光章2人▽瑞宝中綬章3人▽瑞宝小綬章9人▽瑞宝双光章16人▽瑞宝単光章14人。

受章者は次の皆さん。

▽旭日小綬章
大泉 源之86 元鈴鹿商工会議所会頭 鈴鹿市高岡町
▽旭日双光章
青木 昭男79 元松阪地区医師会理事 松阪市飯南町横野
淺野 潤憙77 元県農業会議会長 伊賀市安場
尾﨑 正利73 元県労委委員 名張市矢川
川口 正人80 元県剣道連盟会長 四日市市十七軒町
木村 亮一75 元県産業廃棄物協会長
川越町豊田一色
小林  悟70 元桑名市議 桑名市上之輪新田
眞井 靖文80 元尾鷲商工会議所副会頭 尾鷲市坂場町
長島喜久雄71 元松阪地区薬剤師会長 松阪市立野町
原田 佳幸72 県管工事工業協会理事長 津市北丸之内
福井 秀治73 元度会町議 度会町大野木
水谷  隆74 元県議 東員町鳥取
渡邉 一平70 元日本弁理士会副会長 四日市市東阿倉川
▽旭日単光章
長谷川之快82 元津市綿内南自治会長、元県ソフトボール協会副会長 津市南中央
福森  保83 県飲食業生活衛生同業組合副理事長 伊賀市上野桑町
▽瑞宝中綬章
黒川都史子80 三重大名誉教授 津市安濃町粟加
小西 英之80 愛知教育大名誉教授 志摩市大王町波切
宮本  忠80 三重大名誉教授 鈴鹿市岸岡町
▽瑞宝小綬章
有田  豊79 名城大名誉教授 伊賀市猪田
伊藤 康明73 元公立高校長 四日市市東坂部町
腰岡 政二70 元農業・生物系特定産業技術研究機構花き研究所長 津市一身田上津部田
高杉 晴文70 元県企業庁長 松阪市阪内町
多田 一司71 元四日市海上保安部長 名張市桔梗が丘南
古川 芳彦73 元公立高校長 四日市市西日野町
町野 計司71 元日本郵政公社関東支社貯金事業部長 鈴鹿市南堀江
松下 光男70 元東大阪税務署長 名張市桔梗が丘西
三木 誠治70 元大阪税関調査部長 名張市百合が丘西
▽瑞宝双光章
池山三和子69 「高砂寮」介護職員 伊勢市小俣町元町
伊藤 愛子76 保護司 四日市市十七軒町
伊藤 豪誠76 元四国地方建設局四国技術事務所長 津市上弁財町津興
大橋 昌宏77 元公立中校長 桑名市長島町福吉
河合 安雄84 元津市収入役 津市神戸
後藤 誠光77 元公立小校長 鈴鹿市阿古曽町
古布  明70 元日本郵政公社職員 伊勢市船江
駒田 哲夫78 元公立中校長 松阪市大黒田町
西田  誠85 元学校医 伊賀市三田
林  久司71 元近畿運輸局海事振興部長 鈴鹿市国府町
半田 和子74 保護司 東員町城山
疋田 士郎87 元鈴鹿市選管委員長、元同市収入役室長 鈴鹿市神戸
別所 俊彦77 三重シンリョー設備会長、元県管工事工業協会副理事長 津市南が丘
安塲 周次70 元近畿地方整備局主任監査官 名張市桔梗が丘
山川  源70 元日本郵政公社職員 南伊勢町迫間浦
和田 卓己70 元志摩市消防団長 志摩市大王町波切
▽瑞宝単光章
稲葉 秀美64 一色保育園長 伊勢市一色町
岩崎 初男80 元鈴鹿市消防団分団長 鈴鹿市若松中
内田 琴子64 元朝日町保育園長 川越町高松
梅田  薫68 元伊勢市消防団分団長 伊勢市前山町
大谷 友晴73 元熊野市消防団分団長 熊野市新鹿町
奥山 孝司75 元津市消防団分団長 津市高茶屋
加藤 章子70 元各種統計調査員 四日市市桜町
北浦 一成65 元日本郵政公社職員 松阪市虹が丘町
鈴木  若93 元国立三重病院主任看護師 津市河芸町千里ヶ丘
竹嶋 新吾57 塩浜運送移動式クレーン運転士 鈴鹿市長太旭町
近澤 順一80 元四日市市消防団分団長 四日市市新浜町
中西 智子60 元東大淀保育園長 伊勢市上地町
中根 慶三68 元日本郵政公社職員 名張市つつじが丘北
中野  博70 元国勢調査員 名張市布生