かかりつけ医にまず相談 新型ウイルス、三重県が体制変更

三重県は2日、新型コロナウイルスの感染が疑われる人からの相談を、まずはかかりつけ医が受けるように体制を変更した。かかりつけ医がない場合などは、県の「受診・相談センター」が対応する。

県によると、厚生労働省の方針を踏まえて体制を変更。新たなセンターは、これまで相談を受け付けていた「帰国者・接触者相談センター」を改称して設置する。連絡先や受付時間に変更はない。