投票所入場券を誤発送 伊賀市選管 試し刷りの券

【伊賀】三重県伊賀市選挙管理委員会は10月31日、今月8日投開票の伊賀市長選の投票所入場券について、市内20世帯に誤って同じ入場券を2通発送したと発表した。試し刷りした券を正規の入場券と一緒に送ってしまったという。どの地区の投票所の入場券かは明らかにしていない。

市によると、有権者から31日「全く同じ入場券が2通届いた」と連絡があり、誤りが分かったという。一度投票した有権者は投票済みで記録されることから、市は「入場券を2枚持っていても二重投票はあり得ない」とし、誤発送した入場券を回収しない。誤発送の世帯には1枚を破棄するよう依頼している。