三重高敗れセンバツ出場は絶望的 秋季東海地区高校野球

【三重―中京大中京 2回裏2死一、三塁から中京大中京9番満田の打球を好捕した三重遊撃手品川=ダイムスタジアム伊勢で】

来年春の選抜大会につながる高校野球の秋季東海地区大会は31日、ダイムスタジアム伊勢で準決勝2試合があり、中京大中京(愛知)、県岐阜商が11月1日の決勝進出を決めるとともに来春のセンバツ出場をほぼ確実とした。

三重県勢で唯一準決勝に出場した三重は中京大中京に0―7の7回コールドで敗れ決勝に進めず、センバツ出場は絶望的となった。

堀田琉生、尾崎凌矢、近藤祐生、上野蒼大の4投手を投じる総力戦。野手も再三の好守で援護するが4回に4失点、6回に3失点した。打線も中京大中京の先発畔柳享丞の1安打無得点に抑えられた。

チーム初安打は7点を追う7回1死から4番品川侑生が放った左前2塁打。5番佐脇桜太が四球を選んで出塁し内野ゴロの間に2死2、3塁として本塁に迫るが畔柳に後続を断たれた。

県岐阜商は岐阜第一を6―0で下した。決勝は1日午前10時から同スタジアムである。