災害時、物流支援円滑に 玉城町が西村商店を協定締結 三重

【協定を締結した辻村町長(左)と西村さん=玉城町役場で(同町提供)】

【度会郡】三重県玉城町はこのほど、しょうゆなどの製造販売を手掛ける合資会社「西村商店」=同町田丸=と、「大規模災害時における物流支援に関する協定」を締結した。

同商店は、災害時に支援物資の荷さばきを円滑に行うため、町がフォークリフトなどの物流機材が必要と判断した時に、支援物資拠点となる同町田丸のお城広場で、自社所有のフォークリフトを使って支援物資の積み卸し作業を行い、操作するオペレーターも派遣する。

町役場で調印式があり、辻村修一町長と同社の代表社員、西村武雅さんが協定書を交わした。

辻村町長は「毎年いろんな所で災害が発生して大きな被害が出ているので前もって備えておくのが重要。支援物資の荷さばきの協定は初めてでうれしく思っている」、西村さんは「地域貢献の一環として町民の方々の役に立てれば」と話していた。