鈴鹿 スーパーGT22勝 松田選手「最多勝記録延ばす」 市長に報告と抱負 三重

【末松市長に優勝を報告する松田選手(右)=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】25日に三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催した自動車レース「SUPER GT第6戦」で優勝した桑名市出身の松田次生選手(41)=NISUMO所属=が30日、同市役所を訪問。末松則子市長に報告し、今後の抱負を語った。

全8戦あり、優勝は8月の第3戦に次いで今季2回目。併せて、スーパーGT戦の22勝目となり、最多勝記録を更新した。

今回は予選でのクラッシュにより、決勝では最下位からのスタートになったが、中盤でトップに立ち、優勝を決めた。15位から1位の大逆転は、スーパーGT史上初という。

現在のチームランキングは、トップと3ポイント差で3位。

来庁した松田選手は「最多勝記録を伸ばしている。後半戦でもいい結果を残せるように頑張る」と意気込みを語った。

末松市長は「来週のレースでもいい成績が取れることを祈っている」と激励した。