新型ウイルス 鈴鹿の50代男性感染 延べ556人 三重

三重県は29日、鈴鹿市に住む50代の自営業男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で新たな感染者が発表されるのは6日ぶり。県内の感染者は延べ556人となった。

県によると、男性は24日から37度台の熱やせきがあり、26日に受けた検査で陽性と判明した。重症で肺炎の所見がある。県内の医療機関で人工呼吸器を付けて治療を受けている。

今のところ、県外への訪問や来県者との接触などは確認されていないという。県は同居の家族ら6人を濃厚接触者として特定し、検査する方針。交友関係などでの接触者調査も進めている。