尾鷲 高波倒壊の長島港大石灯台 新たな灯台を設置 三重

【新たに設置された長島港大石灯台=紀北町の長島港沖で(尾鷲海上保安部提供)】

【尾鷲】昨年10月の台風19号による高波で倒壊、流出した三重県紀北町の長島港大石灯台について、第4管区海上保安本部は26日に新たな灯台を設置し、運用を開始した。

尾鷲海上保安部によると、灯台は長島港から南東約2・2キロの岩場にある。鋼製で高さ約5メートル。LED灯器を取り付けており、白色の灯火が5秒に1回点滅する。昨年12月から仮設灯台が設置されていた。