年始の休暇延長 学校現場「困難」 三重県教育長会見

木平芳定三重県教育長は27日の定例記者会見で、西村康稔経済再生担当相が新型コロナウイルス対策として提案した年始の休暇延長について、学校現場での早急な実施は難しいとの認識を示した。

会見で年始休暇への対応について問われた木平教育長は「本年度は臨時休校があったため、多くの学校が年間指導計画を見直し、短縮された授業時間を確保している状況にある」などと説明した。

その上で「まずは年間の指導計画をしっかりと行っていく必要がある。全国的な状況を確認したいが、今すぐに延長するのは難しいと認識している。何より学びの確保を基本としたい」と述べた。