絵手紙サークル「ずっと」が松阪で作品展

【飯高駅で開いている絵手紙展=松阪市飯高町宮前で】

【松阪】三重県松阪市飯南町深野の絵手紙サークル「ずっと」(中谷シゲ子代表)はこのほど、同市飯高町宮前の道の駅「飯高駅」交流館展示スペースで第2回作品展「『ずっと』楽しい絵手紙展」を始めた。観覧無料。会期は11月24日まで。水曜休館。

中谷代表は会社員時代に絵手紙を教わり、明和町で「明星絵手紙塾」を開講。2年前から地元に活動拠点を移し、空き家を活用して月1回、絵手紙教室を開いている。

今回は中谷代表と生徒5人、元生徒らの作品54点を出品。花や野菜、風景、人物を題材にはがきの他、うちわに描いている。ミカンの絵に「こたつでみかん」、タケノコに「旬の味」と一言添え、温かみを出している。