三重近鉄タクシーが車両を抗ウイルス処理

【タクシーの抗菌作業=津市岩田の三重近鉄タクシー津営業所で】

【津】三重近鉄タクシー(四日市市久保田)は23日、保有する車両に抗菌・抗ウイルスコーティングを施す作業を津市岩田の津営業所で実施した。今月から各営業所で実施し、月末までに完了する予定。

感染症対策を促す県の補助金を活用して実施。光触媒によって抗菌や抗ウイルス効果が得られる2種類のスプレーを使用している。いずれも1年ほど効果が持続するという。

この日、社員らは車内に置いて噴射するタイプのスプレーを使用した後、噴霧型スプレーをシートベルトなどに吹きつけた。車両の側面には、県が制作した抗ウイルス対策車両を示すステッカーを貼った。

江並史朗取締役支配人(46)は「9月末から観光や出張の需要が戻り、対前年3割減まで回復している。コロナ禍でも安心を伝えようと対策をした。多くの人に利用してほしい」と呼び掛けていた。