コスモス1万5000本が見頃 鈴鹿

【見ごろを迎えたコスモスの花=鈴鹿市甲斐町で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市甲斐町東側周辺で、コスモスの花約1万5000本が見頃を迎えている。

同町の自治会や子供会、老人会などの各団体で組織する「甲斐町水郷会」(北川正征代表)が、麦作後の農地約2ヘクタールを利用し、7月下旬に種をまいた。現在は白やピンク色などの花が八分咲き程度。敷地内には「コスモス迷路」も造り、工夫した。花は自由に摘み取っても良いという。見頃は今月末頃くらいまで。

コスモスの栽培は、地域貢献の一環として、平成19年から取り組んでいる。

北川代表(72)は「目玉はコスモス迷路。今年は例年より開花が遅いが、一輪ごとの花は大きいように感じる」と話していた。