新型ウイルス 県内新たに3人感染 1人が重症 三重

三重県は22日、50代―60代の桑名市の男女2人と鈴鹿市の男性の計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち桑名市に住む50代無職女性は肺炎の所見があり、重症。県内の感染者は延べ554人となった。

県によると、鈴鹿市の60代男性会社員は16日夕に熱があり、19日に受けた検査の結果から陽性と判明した。17日まで亀山市内の会社に出勤していたといい、県は職場の同僚らを検査する。

桑名市の50代無職女性は9日にせきや関節痛があり、14日に発熱。19日に医療機関で受診したところ肺炎の所見があり、20日の検査で陽性と判明。人工呼吸器を付けて治療を受けている。

同市の60代男性会社員は19日夜に熱と倦怠(けんたい)感があり、20日に受けた検査で陽性と判明。既に症状はない。15―18日まで都内を訪問したほか、20日まで愛知県内の会社に出勤していた。