陸上全国中学大会 坂山、女子砲丸投げV 三重

陸上の全国中学生大会最終日は18日、横浜市の日産スタジアムで行われ、女子砲丸投げで三重県の多気中3年の坂山成が優勝した。

特別ルールで、試技2回(通常3回)、上位16人による追加試技2回(同3回)の計4回(同6回)の試技のうち一番良い記録で争われた。坂山は全体の2位で迎えた最終4回目の投てきで、自己新記録の15メートル11を出して逆転優勝した。

昨年度全日本中学校選手権(全中)で2年生ながら4位。新型コロナウイルスの影響で中止になった今年度全中の代替大会の今大会ではランキングトップの記録を持ち優勝候補の筆頭に挙げられていた。

坂山成の話 優勝できてうれしい。(陸上競技部顧問の)加藤(邦佳)先生を日本一の先生にしたくて頑張れた。最後の4投目は楽しんで、思い切って投げることができた。