三重学生リーグ 四日市大、皇學館大首位並ぶ

【皇學館大―四日市大 4回1/3を投げて6安打無失点の皇學館大先発鈴木=安濃球場で】

(第5週・安濃球場)
三重学生野球の秋季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は18日、三重大―近大高専、皇學館大―四日市大の各1回戦があり、三重大、皇學館大が先勝した。

優勝の可能性を持つ2校が直接対決した皇學館大―四日市大戦は、第4週を終えた時点で暫定2位だった皇學館大が2―1で勝ち、通算成績を6勝1敗として四日市大と暫定首位で並ぶとともに、両校の2位以内が確定した。19日の2回戦で勝った方が優勝となる。

また三重大(通算成績4勝3敗)の3位、鈴鹿大(同2勝6敗)の4位、近大高専(同0勝7敗)の5位が確定した。