イヌガエル繁殖、国内初の成功 鳥羽水族館が一般公開 三重

【繁殖に成功したイヌガエルの幼体(鳥羽水族館提供)】

【鳥羽】鳥羽水族館(三重県鳥羽市鳥羽3丁目)は、国内で初めてイヌガエルの繁殖に成功したと、このほど発表した。約40匹がオタマジャクシから子ガエルに成長し、うち10匹を一般公開している。

イヌガエルはアカガエル科で中国南部や台湾、ベトナムなどの山間部や湿地帯に広く分布。成体は約8センチまで成長し、「ワン」と犬のような鳴き声を発することが名前の由来とされる。

同館では、平成25年8月から飼育展示を開始。昨年6月に飼育担当者が台湾を訪問した際、現地の専門家から16匹の個体を譲り受け、繁殖に向けて飼育研究していたところ7月18日に産卵を確認。ふ化したオタマジャクシの一部が子ガエルとして成長し、8月下旬に水中から陸上へと上がったという。

現在は成体と合わせて約55匹が館内で飼育されている。同館飼育研究部長の三谷伸也さん(53)は「展示し、楽しんでもらうのと同じく増やすのも一つの仕事。繁殖に向けて苦労してやってきたことが正しかったことが分かり、安心している」とコメントしている。